« 金融機関の対応差について | トップページ | 大きな投資案件 »

活きクルマエビを食す

活きクルマエビが送られてきました。

そのまま、食べられるとのこと。
おがくずのなかから出てきたクルマエビは、はじめそれほど生きはよくないように見えました。
しかし、しばらくすると、それはもう ビチィビチィ~と必死になって暴れるのでした。
もう、食べる方が怖いくらい。
そもそもこの活きクルマエビがこのような状態で送られて来るのに、いくつかのハードルがあったのでした。
まずは、生産者から日付の確認
そして、クロネコヤマトさんから何回かの電話で 確実にその時間帯 在宅しているようにとの厳命。
いくつかの手順を経た後に、ようやく対峙できるようになった活きエビ。
やつも必死です。食われてなるものか、死んでたまるか!
あまりに活きのいいものはさすがに、怖いので 少し弱ってきた後に アタマと殻をはずし、背わたをとってそのままツルンといただきました。
プルプルでとっても美味しかったです。
生きるということは、命をいただくことなのだと実感しました。
さて、この活きクルマエビの入手経路は「ふるさと納税」経由です。http://koukin.yahoo.co.jp/furusato-nouzei/index.html
どうせ納税するのなら 少しでも特典があったほうがいいです。

|

« 金融機関の対応差について | トップページ | 大きな投資案件 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/524799/51960609

この記事へのトラックバック一覧です: 活きクルマエビを食す:

« 金融機関の対応差について | トップページ | 大きな投資案件 »