« 活きクルマエビを食す | トップページ | ドラマ『半沢直樹』ってなにがそんなに面白いの? »

大きな投資案件

大きな投資案件があり 検討しておりました。

総額で6億円を超える案件です。
最初はこう考えていました。年収400万円のサラリーマンが頭金400万円を作って 4000万円のマイホームを購入する。そういうことってありますよね。あるのだと思う。
さらにそれを単純に10倍してもやっていけるのではないかと、考えました。
しかも 頭金は25倍以上で・・・やっていけるんじゃないの?
  1. なぜ、その投資案件が必要なのか?
  2. 採算性はあるのか?
  3. 社会的意義はあるのか?
で、私の当初の答え
  1. 大きな投資をすることによって、安定的な経営が見込めるから、自由度が上がる
  2. 検討課題
  3. あるはず
1.2の本当の答え:どうやら自由度が上がるというよりも、借金で自由度が減りそうです。(;ω;)
2.の本当の答え:ざっくりと元金均等払い 利息1.5%としても 返済期間15年で 227万円 
減価償却費とかを考えても、月額200万円近い所得が必要とのこと
しかも、その未知数の所得に税金まで課せられるのですから、ちょっと厳しいですね。
3.社会的意義はあるものの、意地でやるような案件でもないですね。
とりあえず、現状で投資も事業もやっていけているので このまま継続していきます。

|

« 活きクルマエビを食す | トップページ | ドラマ『半沢直樹』ってなにがそんなに面白いの? »

ポートフォリオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/524799/52883507

この記事へのトラックバック一覧です: 大きな投資案件:

« 活きクルマエビを食す | トップページ | ドラマ『半沢直樹』ってなにがそんなに面白いの? »