« 2015年2月 | トップページ

2015年3月

日本でトップ1%に入る所得水準とは?

ピケティ関連の記事を読んで日本でトップ1%に入る所得水準はどれくらいなのだろう?

と素朴な疑問が浮かびました。
なんとなく年収2000~3000万くらいかと予想していましたが、ググってみると以外な結果に!
国税庁の民間給与実態統計調査によれば、トップ1%は年収1500万円、トップ4%で年収1000万円である。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/42212?page=3
ちょっとびっくりですね。年収1000万円なんて100人に1人くらいよりももっといるという感覚でした。
う~ん 世間知らずなのか自分の周りに影響を受けているのか?ま、もっとも上記は給与所得での話なので、事業主や株式、不動産投資などの話は入ってない。実際は給与所得でびっくりするほど年収のある方ってあまりお目にかかりませんものね!

日本の富裕層は過去最大の101万世帯、純金融資産総額は241兆円

この2年間で世帯数は24.3%、純金融資産総額は28.2%増加

画像

上の図表は野村総研が作成したものに赤字を加えたものです。

http://lazy-portfolio.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/post-6f71.html

6年前と比べると超富裕層の資産が増えておりますなぁ~!

以前はマス層だった私もなんとか富裕層の仲間入りができたとかできないとか・・・楽しく仕事していきたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ