口座開設

海外口座にアクセスできず

しばらくぶりにアクセスできず放置していた海外の口座に思い切って電話してみました。

自分のIDや生年月日 住所などを聞かれ それに答えると
次にパスワードを聞かれました。
いくつかあるパスワード ログインパスワードなのか?はたまた最初に口座を開設したときに国際郵便で送られてきたパスワードなのか、戸惑っていたのですが、どうやら最初に郵送された方でした。
パスワードを口述していたのですが、どうも相手の求めている答えとは違い、そんなやり取りが2.3回続いて、ようやく事情が判明しました。
相手は、パスワードの4文字目はなに?12文字目はなに?なんて聞いてきていたのでした。
いきなり言われても、焦ってしまいました。当然、あたまから1.2.3.4.・・・と数えながら答えるという状況ですし。
あたらしい、パスコードのようなものをようやくプリントアウトすることができ、ネットからアクセスに成功しました。
なんだか、しばらくアクセスしてないと、忘れちゃいますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金融機関の対応差について

金融機関の対応

海外の金融機関に電話する必要がありまして、恐る恐る下手な英語で要件を伝えました。
拙い英語を何とか理解してくださり、しかも 分かりやすい米国英語でゆっくりと丁寧に説明してくださり 用件を済ますことができました。
なにもホスピタリティって日本の専売特許じゃないのね。
で、やけに丁寧な対応をしてくださると感心していると、後ほど対応についてのアンケートが送られてきました。もちろん、excellentと評価しました。
なるほ、このような仕組みづくりで顧客満足度は上がっていくし、窓口スタッフのスキルやモチベーションが上がっていくのですね。
それに比べて、日本の窓口といえば・・・ http://lazy-portfolio.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-7d52.html
インセンティブの方向性が間違っているのでしょうね。
http://www.amazon.co.jp/dp/4414304164 『影響力の武器』なんかを読めばすごく参考になるのにね、間違いなく前述の金融機関のスタッフや上司は読んでないでしょうね。
もちろん、専門のコールセンターとリアル店舗の窓口では事情が異なるのでしょうが…
それにしてもなぁ・・・ 
日本の金融機関を使う利点に疑問を抱くこの頃でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

金融機関の営業姿勢について

ちょっと 頭にくることがございまして・・・

なんなんだろうなぁ~ あの某金融機関の営業姿勢は・・・?
こっちからお願いしたわけでもなく 営業に来たくせに、入金済ますと もう来なくなるし・・・
(営業ノルマたっせいしたから もういいの?)
こっちからお願いした金融商品や不動産物件の紹介などもなく、散々 待たされた挙句 約束のミーティングはドタキャンするし・・・
社会人として信じられない。
社会人として信じられない場合どうなるか?当然 一緒にビジネスなどできるわけなく、即効で解約しました。
解約時に店舗で待っていましたが、なんだかご立腹のお客さんが窓口に文句言ってましたね。
「さんざん、待たせておいて!」とか「この書類だと不備があるだと~?」などなど
まぁ、そんなにプリプリしなくていいのにと思いながらも、顧客を怒らせる 何らかなの原因なり企業(支店)文化があるのかなと思いました。
もっとも、金融機関側にしてみると、預金者は顧客じゃないのでしょう。
自分たちの顧客はお金を借りてくれる企業と思っているのでしょう。
ま、間違いではないでしょうが、なんだかなぁ~・・・┐(´д`)┌ヤレヤレ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インタラクティブブローカーズ証券のセキュリティーデバイス

以前はカード形式の乱数表パスコードっていうですかね?それを使ってアクセスしていましたが、
財布もろとも一気に紛失してしまいました。

日本の窓口に電話してその旨を伝えると、一時的なアクセスコードが支給されました。
そこから一旦accountmanagement にログイン
その後securityに移動して、一時的なセキュリティーに関するコードが示されるのでそれをプリントアウトして保存します(これを忘れると結構大変)。
そしてそれを有効化するために指示通りに番号を入力します。

そうこうしているうちに約一週間後、新しいセキュリティーデバイスがFedexにて送られてきました。指定されたとおり
Manage Account > Security > Security Device > Enroll

ようやく その電子デバイスをactivateして普段のように使えるようになりました。

しかしまぁなんですねー以前のカードのほうがよかったな財布に入るし。
でも逆に言えば落としてすべて失う可能性もあり(。>0<。)
持ち運びには不便ですが仕方がないですね。これで通常の定期買い付けも発注もできるようになりました。

3月約定分も見られるようになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

琉球銀行 確定拠出年金 信託報酬率引き下げ

野村新興国株式インデックスファンド・野村新興国債券インデックスファンド 信託報酬率の引下げについて 2011年9月20日
2012年4月1日より、下記のとおり信託報酬率が引下げになりますのでご確認ください。

ファンド名 信託報酬率
変更前 変更後
野村新興国株式インデックスファンド(確定拠出年金向け) 0.798%
(税抜き0.76%)
0.588%
(税抜き0.56%)
野村新興国債券インデックスファンド(確定拠出年金向け) 0.7245%
(税抜き0.69%)
0.5775%
(税抜き0.55%)

告知はだいぶ前にあったようですが、琉球銀行の401k信託報酬率 引き下げです。

VWOVanguard MSCI Emerging Markets ETFが0.22% 
EMLCMarket Vectors Emerging Markets Local Currency Bond ETF が0.49%

を考えれば まだまだ感がありますが、もう一段階引き下げあるならスイッチングして購入していこうと思います。とくに、新興国債券のほう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

休眠口座で復興支援

休眠口座で復興支援 いいことですね。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120215/plc12021521260010-n1.htm
これに対し、銀行業界は「休眠口座は20年程度取引がなくても、突然引き出される場合もある」(大手)などと強く反発している。

な~んて言ってますが、じつは 銀行がネコババしてます。

http://www.asahi.com/special/10005/TKY201202140743.html
商法上、銀行の預金は最後の取引から5年、信用金庫などの預金は民法上10年たつと、預金者の権利が失われる。ただ、金融機関は休眠預金でも預金者の求めがあれば、払い戻しに応じている。払戻額は年350億円前後で、800億~900億円からこの分を差し引いた450億~550億円が金融機関の収入になっている。

いやネコババじゃないです。法律できまっていることですから、ただここ数年税金も納めていなかった銀行の収入になるのはおかしいでしょう。

さて、私の休眠口座なのですが、先日閉鎖しようと金融機関に行ったのですが、支店ではダメとのことで、本店に行きました。本店では預金の口座の印鑑と出資の口座の印鑑が別々でこちらは預金口座の印鑑なので出資の引き上げができませんとのこと。さて、三度のトライでようやく出資の引き上げができましたが、まだ口座はクローズできません。(;ω;)

口座をオープンするときはウチまで来てくれたのにいざ閉鎖するときはすごく苦労します。

なんとかならないのものでしょうか?

そういえば、カルロス・ゴーン氏が『ゴーン道場』でこんなことを言っていました。

p96 強みは弱み

日本企業はプロセス重視
製造業やエンジニアリングにはいいが、非製造業では効率悪くなる 外国人は口座を開くのに膨大な書類必要
プロセス重視の日本社会では確かに製造業などで高品質のものを作り上げることはできるでしょうが、iPhone やらwndowsのような不完全を前提にしたものは難しいのでしょうね。それにしても、日本の銀行業のサービスの悪さは何とかならないか!不満たらたらです。(・A・)イクナイ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実際の手数料を少し調べてみました

たまには自分のやっていることを確認しようと思いまして、Interactive Brokers証券の手数料を確認しました。

  • 銘柄 数量 単価 手数料
  • VTI 25 @64.24   0.65$     費用は0.04%で約50円くらい

ところが、

  • VAS 18 @55.77   6.00(AUD) 0.6%で約470円 ちょっとこれは高いですね。
    たかだ7~8万円の購入なのですが、コストで言えばずっと続けていくと負担になりそうです。というわけで、今後はある程度まとまった段階で購入したいと思います。どうやら1約定につきオーストラリア市場では6$ AUDとなるようです。

ちなみに両替コストはUSD2500ドルにつき195.14円 194812.5円の0.1% 安いです。

CADでも同じCAD2500ドルにつき192.74円 188125円の 0.1%です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Interactive brokers への送金が面倒なことに

Interactive brokers への送金が面倒なことになっております。

今までもネット経由ではなく、手書きの依頼書を某外資系禁輸機関へ郵送して数日間してからようやく送金が確認されるという面倒なものでした。今回はその某外資系金融機関から電話が入り、北朝鮮への送金関連ではないこと、また使用目的なども尋ねられました。

えぇっ!なぜに今 北朝鮮関連?って言う話が出るの?ひょっとして、それを建前として、本音は日本の資産が海外へ出ていくキャピタルフライトを警戒しているの?今後の大増税にむけて?・・・などいろいろ考えてしまいましたが、ひょっとすると菅直人の政治献金問題がらみなのかもしれません。でも、まぁ普通に考えて前者警戒なんだろうと思います。
はやく、自身もフライトしたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早期リタイヤできるかな?

早期リタイヤhttp://lazy-portfolio.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-2347.htmlをアッという間に実現させるためにこんなことを考えてしまいました。

全くの他力本願ですし、自分のお金を出して自分のためには絶対買いません(期待値の低さにより)が、例えばこれ↓

宝くじ つき定期貯金

http://www.ginko-shohin.com/syohin.html?bn=150&cp=0&st=0&ar=0&sort=104

http://allabout.co.jp/finance/gc/13821/

しかし、そんなことをしてまでも口座数を増やしたくないのですが、どうしよう。

しかも もし本当に当たってもおそらくすぐに引退なんてできそうにないしね・・・想像力を膨らせるためのものとして考えましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

W8BEN 記入

何と読むのか分りませんが「W8BEN」 

送るよう海外にある口座から催促がありました。

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&rls=com.microsoft:ja:{referrer:source%3F}&rlz=1I7GGIK_ja&q=%EF%BC%B78%EF%BC%A2%EF%BC%A5%EF%BC%AE%E3%80%80&aq=f&aqi=g4&aql=&oq=&gs_rfai=

http://en.wikipedia.org/wiki/IRS_tax_forms#W-8BEN

W-8BEN:米国非居住者用の免税書類
 所得の受領者が米国の非居住者であること、租税条約の恩典を 受けることを示すための様式。
 この様式を所得の支払者に提出することで利益に対する免税措置の適用、
 また租税条約上の軽減税率の恩典を受けることができる。

とのこと

とりあえず 記載して エアメール!クリスマスカード や 年賀状などで郵便事情は悪いでしょうねぇ。期日までに届くかどうか…?

そろそろ 年末モードですが、年末には2010年度の 投資資産の推移 およびリアロケーションにむけての戦略を練りたいと思います。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)