ポートフォリオ

2013年末のポートフォリオ 一部(なにを残すのか?)

2013_12_31

もう少し 債券比率をたかめなきゃいけません。

具体的には、

  • 先進国債券4%→8%
  • 新興国債券3%→4%
程度にはしていきたいです。
ちなみに、2012年末と比べても あまり代わり映えしません。
20113_2
債券を厚めにというポートフォリオは納得のいく方向性です。
しかしそれ以上に現在 考えていることがあります。
自分はあと50年もしないうちに この世から消え去るでしょう。その際になにを残しているかということです。
「お金」だけ残すってなんか格好悪い。
できたら、「人」を残すなり、その「人的資産」が継続的にうまれるような「仕組み」を残していきたいのですが・・・
あぁ! そのための投資をしたいなぁ~。あと、事業投資に資産を切り崩したほうがよさ気なビッグプロジェクトになりそう!いろいろと根回しが必要(^-^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月のポートフォリオ

2013年8月のポートフォリオです。
2013_08zak
ちなみに以下は2012年末のポートフォリオです。

2012_portfolio

不動産をだいぶ減らしました。

今後は 少しずつ債券にシフトしていきたいと思っております。

最近 考えていることは、住まいをどうしようか?ということです。これから東京直下型震災や東海・東南海大地震なども心配です。なにより 放射能汚染もどんどん蓄積されていることを考えると、小金を貯めてなにになるのか?という気になります。

資産を使うなら、身の安全や快適な住まい・健康的な食生活に使うべきじゃないかと思うのですよ。

そんなこんなで、徐々に着地点を探っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不動産を売却

以前、不動産投資について、それはどメリットはないと書きました。http://lazy-portfolio.cocolog-nifty.com/blog/cat37827835/index.html
ほかにも、不動産投資の特徴について、http://lazy-portfolio.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-89c7.html にて下記のように記しています。
不動産投資は
    • 【短所】               【長所】最初頑張れば、あとは自動操縦化                  
    • 利益率は悪い               レバレッジが効く 
    • 資金・投資先が固定化される      底打ち感がある?増税前に購入?
    • 出口戦略が不透明
【長所】であげた、自動操縦ですが、これは それほど楽でもありませんでした。築30年前後のアパートでは いろいろと問題が発生します。 エアコンが効かないとか、シャワーの給湯器が壊れたとか、玄関チャイムが壊れたとか・・・そのたびに 管理会社から連絡があります。もう、面倒ったらありゃしないです。

アベノミクス効果に便乗して売りに出してみました。
増税前ということもあってか、意外と好感触 結局購入額以上で売れました。

3年前の購入金額は 2150万円 売却金額は2450万円 
家賃収入も含め儲かっているようにも見えますが、手数料やら税金やら、修繕費やらで
それほどのことはありませんでした。まぁ、でもいい経験になりました。 次回以降不動産からの収入はアパート経営ではなく、もっと単純な駐車場や単なる地代のみ、あるいはREITから得るようにしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大きな投資案件

大きな投資案件があり 検討しておりました。

総額で6億円を超える案件です。
最初はこう考えていました。年収400万円のサラリーマンが頭金400万円を作って 4000万円のマイホームを購入する。そういうことってありますよね。あるのだと思う。
さらにそれを単純に10倍してもやっていけるのではないかと、考えました。
しかも 頭金は25倍以上で・・・やっていけるんじゃないの?
  1. なぜ、その投資案件が必要なのか?
  2. 採算性はあるのか?
  3. 社会的意義はあるのか?
で、私の当初の答え
  1. 大きな投資をすることによって、安定的な経営が見込めるから、自由度が上がる
  2. 検討課題
  3. あるはず
1.2の本当の答え:どうやら自由度が上がるというよりも、借金で自由度が減りそうです。(;ω;)
2.の本当の答え:ざっくりと元金均等払い 利息1.5%としても 返済期間15年で 227万円 
減価償却費とかを考えても、月額200万円近い所得が必要とのこと
しかも、その未知数の所得に税金まで課せられるのですから、ちょっと厳しいですね。
3.社会的意義はあるものの、意地でやるような案件でもないですね。
とりあえず、現状で投資も事業もやっていけているので このまま継続していきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FX投資の含み益 その後

しばらくアップしていなかったので、近況報告です。

以前書きましたがhttp://lazy-portfolio.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/post-d602.html

FXとうとう1AUDが105円を超えたので、1/3ほど利確しました。7桁円台の利益となりました(◎´∀`)ノ。当初の予定どおりに行動できたので自分で自分をほめたいと思います。残りの2/3はまぁ 状況見ながら売っていきます。まだ、おそらく、夏の選挙までは円安基調だと思っております。

さて、4月になり、年度が変わりました。仕事内容や規模などなんの進展もありませんが、後退もないのでよしとしましょう。続けていくことに意味があるのだと感じるようになりました。 とはいえ、事業の出口戦略も考えていますが、どうなることやら?桜は散りましたが、さて、私の始めた事業や私の人生はどうなることでしょう?最近 死ぬまでにやっておきたいことを強く意識するようになってきました。

あれだけはやっておきたいんだけどなぁ…!

まぁ なにを残すかっていう問題なんですけど、
さて、少しずつ目標に向かって戦略を練り実行していきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遅ればせながら2012年末のポートフォリオ

遅ればせながら2012年末のポートフォリオです。

2012_portfolio

ちなみに、2011年末はこんな感じでした。
2011_12_30
日本以外の先進国の株式が増えて、日本の不動産比率が減りました。
これは、なかなかいい傾向ですね。分散投資という観点では、もう少し日本の不動産を減らすべきなのでしょう。しかし、なぜか不動産投資を検討していたりします。なぜか?
  • 消費税が上る前に駆け込み
  • 保有株式が上がって浮かれているから
  • ちょうど手頃な額で、投資先がいまだ決まっていない流動資産があるから
 自分でもオススメできないと分かっているのにね。
事業への投資は
  • 【短所】                  【長所】 
  • 継続的な仕事が必要         達成感 やり遂げた感がある
  • 人の管理の難しさ           社会的意義があ
  • 失敗のリスクある            ハイリスク・ハイリターンなものがある
 
不動産投資は
  • 【短所】               【長所】最初頑張れば、あとは自動操縦化                  
  • 利益率は悪い               レバレッジが効く 
  • 資金・投資先が固定化される      底打ち感がある?増税前に購入?
  • 出口戦略が不透明
 
ああ、やはり案の定 資産をどこへ・そして何に使うのか?その戦略を考え続けなければなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3000~4000万円のまとまったお金をどうするのか?

諸般の事情で、タイトル通りのことを考えなきゃいけなくなりました。

さて、困ったものです。3000~4000万円と言えば、かなり大きな額です。同じくらいのまとまったお金が手に入る可能性を考えると、退職金でしょう。http://www.nikkeibp.co.jp/style/secondstage/jinsei/teinen_071120.htmlを見ると、平均的には、2000~3000万円といったところでしょうが、この際 同列視して考えていきます。

とりあえず、以前NGリストhttp://lazy-portfolio.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/ng-2560.htmlは考えてみましたが、実際それ以外の使い道も考えて行きましょう。

http://ascii.jp/elem/000/000/721/721205/こちらを見ると、旅行や住宅リノベーションなどがあげられますが、当方 現役世代まだ旅行に行くまとまった時間はとれず、住宅もいまだ借家です。であれば、住宅購入がまっさきに挙げてもよさそうです。
これから、消費税もあがりますし、売り手にとってはまさにいまが「買い時ですよお客さん!」というところでしょう。でも、私にとってはあまり魅力がないのですよね。あと、30年同じところでずっと住み続ける可能性はゼロではありませんが、低いような気がします。自然災害やいろいろな外部環境の変化に適応できるように身軽でいたいのです。

参考になるのはhttp://www.hakuhodo.co.jp/pdf/2007/20070426.pdf このあたりでしょうか?

退職金の投資運用内容は、男性は約7割が「株式取引」、女性は手堅く約6割が「定期預金」。
これに「投資信託」を含めたものが、団塊世代の投資運用内容のトップ3。

とのことですが、しかし退職後から株式投資ってどうなんでしょう?債券じゃダメなの?それに外貨貯金なども入っているし・・・どうせ、投信だってグロソブみたいなものばっかじゃないの・・・?

う~ん、やはり私は分散された債券ETFと株式ETFをある比率で買っておくのがいいのかもしれません。山崎元氏が『超簡単 お金の運用術』で述べていたようにhttp://lazy-portfolio.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-2d8b.html  ETFを財布代わりにできればカッコいいのですが、今ちょっと高くなってるしな・・・ 結局は現金の塩漬けになるかもしれません。

ちなみに、今私が最も考えていることは新しいビジネスプランの実行です(本気度43%)(^-^;。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年年末のポートフォリオより 今後の展望

http://lazy-portfolio.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/post-ba6b.html

2011年8月目標

              目標(%)
VTI (米国トータル)     22%
VB (米国小型)       24%
VGK+VEA (非米国大型) 12%
DLS+VSS (非米国小型) 15%
KXI (セクター戦略)     8%
VNQ (USA REIT)      6%
VWO (新興国)         10%
DBC+VDE (コモディティ)   3%

少しホールドしている銘柄が変わってきましたので、変更です。

Ib2011_08_20

20113_2

理想比率】              %

VTI (米国トータル)      20
VB   (米国小型)        20
VGK+VEA  (非米国大型)  10
DLS+VSS   (非米国小型)  15
KXI   (セクター戦略)   6
VNQ   (USA REIT)      3
VNQI(非米国 REIT)    3
VWO   (新興国)         9
DBC+VDE   (コモディティ)   3
先進国債券  8
新興国債券  3

【2013年1月現在の比率】      %
VTI (米国トータル)     18
VB   (米国小型)        19
VGK+VEA  (非米国大型) 18
DLS+VSS   (非米国小型) 15
KXI   (セクター戦略)   4
VNQ   (USA REIT)      7
VNQI(非米国 REIT)    5
VWO   (新興国)         10
DBC+VDE   (コモディティ)   1
先進国債券  1
新興国債券  2
少し、株式の比率が高くなってきております。とくに、カナダのETF(XIU)やオーストラリアのETF(STW、VAS)などは取引の手数料も若干高めですし、それほど追加購入しなくてもいいでしょう。それよりも、債券比率をもうすこし高めたいです。
最近の悩みは、資産を増やして、結局それでどうしたいのか分からなくなってきております。必要以上にあってもなぁ~、で結局ナニに使うの?
世のため人のためになればいいと思います。で、結局これに決めました。
『山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた』を読んで、強くそう思いました。
 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8~10月購入ETF

8月 9月 10月
EMLC 26.72
VEA 34.49
VNQ 66.04 69.02 64.64
VNQI 50.05 53.07 52.50
VSS 85.02 89.95 88.38
VTI 72.03 75.56 74.09
VWO 41.03 42.019
USD 78.05 78.02 78.12
アップできていませんでしたが、ブログ更新できなくてもETFは購入し続けております。
ただ、購入金額は減少傾向にあります。
本業が忙しくて、細かくチェックしにくくなってきましたし、それ以上にやらなきゃいけないこと
あるいは、やりたいことが増えてきたのが理由です。
ま、そんなこんなでも続けられるのが長期積み立て投資のよいところですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

fxの含み益が数百万 さてどうしたものか?

おりからの円安でfxの含み益が数百万円に積み上がっております。

もともとは300万円ほど入れていたのですが、レバレッジ5倍ほどで、
円安とスワップ合わせて 入れていた金額以上の含み益が出ております。(◎´∀`)ノ
上手いトレーダーなら、このへんで利確するのでしょうね。そして、また3年ほど寝かして円高の際に外貨買いするかんじでしょうか?
「もっと上手いと思い込んでいる」トレーダーはタイミングを見てドテン売り、あるいはスキャルピング・・・?
いずれでもない私はそのまま・そのまま動かず そのまま
出口戦略としては、USDが110円、AUDが100円を超えたら売ると思います。
そんなことはさておき、まずは健康第一だと考えている今日この頃でした・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧